NEWS

2017.08.05

【マルハン太平洋シニア/1R】タイトルを守りたいマークセンの絶対条件はフェアウェイキープ

ディフェンディングチャンピオンのプラヤド・マークセン(51)は、全英オープン、全英シニアオープンと「世界メジャー」2週連戦を終えて、今週木曜に日本戻ってきた。数日間、イギリスとの時差ぼけに悩まされ、なかなか寝付けなかったが、大会前日に行われたプロアマ大会では「優勝」と大活躍し、昨夜はたっぷりと睡眠を取れた。体調は日本仕様にリセットされ、前年大会覇者として、初日を戦った。結果は6バーディ1ボギーの6 ....

2017.08.05

【マルハン太平洋シニア/1R】南半球から戻って来たコンランが 30度近い気温差をもろともせず2位発進

「ラッキーデー!」。スコアカードを提出し、流れる汗を拭きながら、日焼けした顔に白い歯がキラリと輝いた。豪州のスティーブ・コンラン(51)が6バーディー・1ボギー67をマークし、首位と2打差の2位タイに着け、最終日は久しぶりの最終組に加わった。    前半は3つのバーディーを奪い、後半の1ホールめでもバーディー奪取してスコアを4つ伸ばした。この日、唯一のボギーとした15ホールめの6番パー5ホールは、 ....

2017.08.05

【マルハン太平洋シニア/1R】アイアンの切れで逆転Vをもぎ取りたい汪が4位

 スタートホールでバーディーパットをねじ込み、トレードマークの「ハッピースマイル」が弾ける。バーディ発進した台湾の汪徳昌(ワン・トクショウ 54歳)は、前半でスコアを4つ伸ばして上位グループに加わった。   「僕はドライバーショットが一番悪い。パットは悪くないし、アイアンが調子いいんだよね」。後半に入ってバーディが先行したものの、ボギーも叩き、2バーディ・2ボギーとし、この日は6バーディ・2ボギー ....

2017.08.05

【マルハン太平洋シニア/1R】上位スコア速報(14時現在)

1T -6 羽川  豊 2T -5 S・コンラン       汪 徳 昌 4T -4 P・マークセン       秋葉 真一 6T -3 真板  潔            奥田 靖己       尾崎 直道       渡辺  司       高松  厚       室田  淳       ・・・    ※本大会のスコア速報はございません

2017.08.05

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】念願成就の清水がぎっくり腰を押して強行出場した理由

 清水洋一(54)が、ついに念願成就。シニア初優勝に「最も近い選手」の一人と目され続けて来た清水が、7月のシニア後援競技「UNITEX 2017プロアマトーナメント」で優勝を遂げたのだ。それも2位のキング・オブ・シニアこと室田淳を1打差抑えての会心勝利。    そこに至るまでの伏線もあった。KYORAKU CUP最終日は、首位と1打差の2位で最終組スタート。終わってみれば室田が逆転優勝を飾り、その ....

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】2試合連続Vに挑む秋葉! 通算10アンダーまで伸ばせたらチャンス

 7月上旬に行なわれたシニアツアー第4戦KYORAKU CUP2017で通算13アンダーをマークし、単独2位となった秋葉真一(52)。その後、1カ月ほどのオープンウイークとなったが、マルハン太平洋シニアの前週に開かれたシニア後援競技「熊本・阿蘇シニアオープンゴルフトーナメント」で、秋葉は今季初優勝を飾った。   「ショットも良かったけれど、とにかくパットが絶好調でした。僕の感覚とグリーンの速さが凄 ....

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】深い70ミリラフが選手たちを苦しめる!二桁スコアなら優勝チャンス!

 昨年大会を制したプラヤド・マークセン(51)の優勝スコアは、通算13アンダー。だが練習ラウンド、プロアマ大会で今年のコースをラウンドした選手たちは皆口を揃えてこう言う。 「ラフに捕まったら難しい」「去年ほどの優勝スコアにはならないな」。  2014年から始まったマルハンカップ 太平洋クラブシニアの4代目覇者となるのは誰か。     今年は同大会史上最も深いラフ70ミリに設定され、ラフに捕まったボ ....

2017.07.31

【全英シニアOP/FR】ランガーが完全優勝!シニアメジャー通算10勝目を飾る

全英シニアオープンの最終ラウンド。単独首位でスタートしたベルンハルト・ランガー(59)が、2位に3打差をつけての完全優勝を果たした。この日も厳しい寒さと風の中で、我慢のプレーを強いられた。結局ランガーは、1バーディ2ボギーと2つスコアを落としたものの、2位のコーリー・ペイビン(57)もスコアを伸ばせないまま、トータル4アンダーで全英シニアオープン3度目の優勝を飾った。今季のPGAチャンピオンズでは ....

2017.07.31

【全英シニアOP/FR】全英オープン、全英シニアと連戦を終えて、マークセンは日本の戦いに戻ってくる

最終日は、午後から雷を伴う悪天候が予想されるために、予め3日目が終わった時点で、アウト・インの2WAYスタート、3人組でペアリングが発表された。そのためプラヤド・マークセン(51)は、朝7時30分から10番ホールよりスタートした。早朝から海からの冷たく重い風が吹いていた。 「風がとても冷たくて手がかじかんでしまい、パッティングが決まらず」の連続ボギーでスタート。それでもすぐに取り返すのがマークセン ....