NEWS

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】深い70ミリラフが選手たちを苦しめる!二桁スコアなら優勝チャンス!

 昨年大会を制したプラヤド・マークセン(51)の優勝スコアは、通算13アンダー。だが練習ラウンド、プロアマ大会で今年のコースをラウンドした選手たちは皆口を揃えてこう言う。 「ラフに捕まったら難しい」「去年ほどの優勝スコアにはならないな」。  2014年から始まったマルハンカップ 太平洋クラブシニアの4代目覇者となるのは誰か。     今年は同大会史上最も深いラフ70ミリに設定され、ラフに捕まったボ ....

2017.07.31

【全英シニアOP/FR】ランガーが完全優勝!シニアメジャー通算10勝目を飾る

全英シニアオープンの最終ラウンド。単独首位でスタートしたベルンハルト・ランガー(59)が、2位に3打差をつけての完全優勝を果たした。この日も厳しい寒さと風の中で、我慢のプレーを強いられた。結局ランガーは、1バーディ2ボギーと2つスコアを落としたものの、2位のコーリー・ペイビン(57)もスコアを伸ばせないまま、トータル4アンダーで全英シニアオープン3度目の優勝を飾った。今季のPGAチャンピオンズでは ....

2017.07.31

【全英シニアOP/FR】全英オープン、全英シニアと連戦を終えて、マークセンは日本の戦いに戻ってくる

最終日は、午後から雷を伴う悪天候が予想されるために、予め3日目が終わった時点で、アウト・インの2WAYスタート、3人組でペアリングが発表された。そのためプラヤド・マークセン(51)は、朝7時30分から10番ホールよりスタートした。早朝から海からの冷たく重い風が吹いていた。 「風がとても冷たくて手がかじかんでしまい、パッティングが決まらず」の連続ボギーでスタート。それでもすぐに取り返すのがマークセン ....

2017.07.30

【全英シニアOP/3R】ランガーの首位独走を、ムービングサタデーの主役たちが止められるか

2日目とはまったく違った天候。地元ウエールズの人に言わせれば、昨日の風速10メートル超は、当たり前で、もっと強風豪雨になることもあるという。昨日の平均スコアが78・525。過酷さは、その平均スコアを見れば一目瞭然だ。3日目の前半組では、デビッド・フロスト(57)をはじめ、65のベストスコアをマークした選手が、6名もいた。後半になって再び風雨が吹き荒れる中、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(53)も65。 ....

2017.07.30

【全英シニアOP/3R】マークセンは複雑なパットラインに悩まされ40位に後退

第3ラウンドを7オーバー20位でスタートしたプラヤド・マークセン(51)。昨日とはうって変わって、コースには時折晴れ間が広がり、海からの風も穏やかだ。しかし、海沿いのスタートホールからの4ホールは、予想しにくい風の影響をうけてしまう。マークセンは、2番ホールでは、真横からの海風を微風と読んだが、なんとフェアウェイセンターを狙ったボールは。右へ右へと大きく持っていかれた。運良くラフに入ったボールは、 ....

2017.07.29

【全英シニアOP/2R】寒さにも耐えたマークセンは首位と6打差で決勝ラウンドへ

昨年の日本プロシニア、日本シニアオープンチャンピオンの資格で参加しているプラヤド・マークセン(51)は、厳しいコンディションの中でも、最後まで集中力もショットの調子も切れることなく戦い抜いた。この日は5つスコアを落としたが、149ストローク、トータル7オーバー20位タイで予選通過を果たした。   海に向かって強いアゲンストの風が吹くスタートホール。海岸に沿って長いパー4のホールが4つ続くが、マーク ....

2017.07.29

【全英シニアOP/2R】13オーバーがカットラインと過酷な戦い。井戸木は予選落ち

「全英シニアオープン」の第2ラウンド。初日首位スタートのベルンハルト・ランガー(59)が3つスコアを落とすが、通算1オーバーで首位の座をキープ。また、トム・リーマン(58)、ビリー・メイフェア(50)、マウリシオ・モリナ(50)、スティーブ・フレッシュ(50)ら5名がトップに並んでいる。日本PGAシニアツアーメンバーのプラヤド・マークセン(51)は通算7オーバーで20位タイ。155ストローク、通算 ....

2017.07.28

【全英シニアOP/1R】マークセンは基本のプレースタイルを守り21位と好発進

日本PGAシニアツアーメンバーのプラヤド・マークセン(51)は、スタートから落ち着いていた。どんな状況でもビクリともしないだけの自信を持っている。そしていつも基本に忠実なのだ。自分のゴルフのルーティーンを守ること、そしてティーショットを狙ったポイントに置くというシンプルで難しいことを中心に、こなしていた。   1番ホール。直前まで降っていた強いスコールが止まり、気分よくスタートが切れた。しかし ....

2017.07.28

【全英シニアOP/1R】強い雨風の中で井戸木はパッティングに苦しみ104位スタート

「全英シニアオープン」の第1ラウンドが27日、ウェールズにあるロイヤルポースコールゴルフクラブ(7,295ヤード、パー72)で行われた。今季チャンピオンズツアーで3勝をあげているドイツのベルンハルト・ランガー(59)が2アンダーでトップ。日本PGAシニアツアーメンバーで参戦しているプラヤド・マークセン(51)は2オーバーにつけて21位タイ。井戸木鴻樹(55)は、スコアを伸ばせず8オーバーで104位 ....

2017.07.26

全英シニアオープンへの挑戦が始まる

今季PGAツアーチャンピオンズの15戦目でシニアメジャー5試合目となる「全英シニアオープン」が、27日から4日間ウェールズ南部にあるロイヤルポースコールゴルフクラブ(7,010ヤード、パー71)で開催される。日本PGAシニアツアーメンバーより、プラヤド・マークセン(51)と井戸木鴻樹(55)の2名が参戦する。25日(火曜日)には念入りな練習ラウンドを行った。崎山武志(54)と2002年に優勝してい ....