NEWS

2017.06.10

【スターツシニア/TV放映】大会最終日の11日にBSジャパンで生放送!!

テレビ放送は、BSジャパンで大会最終日の11日、13時30分から15時までの時間帯で、戦いの模様をお伝えします。   スターツ所属の高山忠洋プロ(写真中央左)が解説を務める。「先輩方の解説をするのは緊張もしますが、勉強にもなるので、最終日の解説が楽しみです」と、笑顔を見せる。ラウンドレポーターは、槇岡充浩プロ(写真左)が担当。「シニアプレーヤーの仲間も多く、選手目線でのショット分析と、コース攻略、 ....

2017.06.09

【スターツシニア/1R】世界のツアーで戦う渡り鳥ファウラーは「プロである限り戦い続ける」

 2週間前の全米プロシニアは38位タイ。1週間前のすまいーだカップシニアでは19位タイ。そして「今週はコース入りしてから気分も変わり、いいゴルフの雰囲気が漂う」というピーター・ファウラーが7バーディー・1ボギー66をマークして首位に立った。 スタートの10番ホール・パー4で2打目をピンそば60センチにつけてバーディー発進。14、15、17、18番ホールも60センチ以内につけるベタピンショットでバー ....

2017.06.09

【スターツシニア/1R】最高の結果を求めて、清水が目指すは最終日最終組スタート

 ラウンド仲間の崎山武志も久保勝美もシニア入りして勝利の美酒を味わった。ただ一人、取り残された感のある清水洋一(54)は、このオフから新たな試みを始めた。初動負荷トレーニング。自宅から自転車で通える同ジムへ週に4、5日は通い、体を作り上げた。 「その成果がどうかは分かりませんが、体が思うように動いてくれています。あとは結果が出てくれれば最高なんですけどね」  これまでシニアツアー2戦を終えて10位 ....

2017.06.09

【スターツシニア/1R】娘よりも先にまぐれでもいから優勝したいと、川岸のリップサービスと本音

 ティーショットでフェアウエイを外したのは2回。ラウンド途中で数えたほどティーショットが安定していた。「初めてですよ、コースの中で回数を数えたのは」とお道化てみせたのはシニアルーキーの川岸良兼(50)。  最終18番パー5ホールでは好調過ぎる(?)ティーショットで「ドキドキして、飛ばしてやろうと思ったらチーピン(左曲がり)ショットが出てしまった」が、無難にパーセーブし、5バーディー・ノーボギー67 ....

2017.06.09

【スターツシニア/1R】マークセンは思うようなショットが打てず苦戦でも4アンダー

 先週のすまいーだカップシニアで優勝したタイ出身のプラヤド・マークセン(51)。先週の大会が終わってから、タイに一時帰国し、数日リフレッシュした時間を過ごして、日本に戻ってきた。 「昨年大会は、2日目で65をマークしましたが、最終日に崩れてしまって。だから、今年はぜひリベンジしたい」とマークセンは、2週連続Vも狙っている。  出だしは連続パーディーと好スタートを切った。少し感じがつかめてきたところ ....

2017.06.09

【スターツシニア/1R】最終ホールでのバーディー奪取で 小川がエージシュートを達成!

 午前9時。アウトコース1番組でスタートした小川清二。リーダーズボードにその名は掲示されなかったものの、大活躍を繰り広げてコースに足を運んだギャラリーを喜ばせた。  3バーディー・5ボギーの74。2オーバーは48位タイ。スコア的には平凡に思われそうだが、74歳の小川にとっては意味あるスコア=エージシュートだ。  前半9ホールを2オーバーでターンし、10番ホールから16番ホールまでパーをセーブ。この ....

2017.06.08

【スターツシニア/大会前日】今季シニアツアーで最長の7101ヤード設定!選手達はどう立ち向かうか

 今季シニアツアーで最長の7101ヤード設定--。大会舞台の「スターツ笠間ゴルフ倶楽部」で行われるようになって5年目になる今回は、大幅なリセッティングが施された。18ホール中10ホール。具体的にはアウトコース2、3、5、6、8、9番ホール。インコース10、11、13、14番ホールの使用グリーンを変更。左グリーンから右グリーン、右グリーンから左グリーンに変えたことでホール攻略ルートもガラリと変えざる ....

2017.06.08

【スターツシニア/大会前日】13年大会以来のシニア優勝を自身のシニア開幕戦で挑む中嶋

 大会開催の舞台が「スターツ笠間ゴルフ倶楽部」に移って、今年で5回目を迎える。13年大会覇者の中嶋常幸(62)はプロアマ大会後、練習グリーンでパット調整に時間を割いた。先週はレギュラーツアー「日本ゴルフツアー選手権」に出場し、タフなコースセッティング(7384ヤード・パー71)にもまれて来た。同選手権を制したショーン・ノリスが愛用していた中尺パターにヒントを得たのか、ラウンド中にショートパットが思 ....

2017.06.08

【スターツシニア/大会前日】前年度覇者崎山は、毎試合リーダーズボード左側に名前がでるように

 前試合の「すまいーだカップ・シニア」を初日から首位の座を譲らずの完全優勝を果たしたタイのプラヤド・マークセン。昨季シニア賞金王が早くもエンジン全開の観を漂わせる。今季もまた「打倒マークセン」が選手たちの合言葉になるのか。マークセン2戦連続Vに注目を集める中、昨大会覇者の崎山武志はこう言い切った。 「大会2連覇、あるいは優勝に固執せず、良いプレーを続けたならチャンスがきっと訪れると信じて54ホール ....

2017.06.03

【すまいーだカップ・シニア/FR】「王者のゴルフ」を見せつけたマークセンが完全優勝

 プラヤド・マークセン(タイ・51)は今年も強い。先週の全米プロシニアで11位になって、来日直後のシニアツアー今季初戦で終盤を突き放す「王者のゴルフ」を見せた。  パク・ブーウォン(韓国・51)と通算11アンダーの首位に並んでスタート。「パク選手はパッティングも素晴らしくて、ドライバーもよかった。私は前半はなかなかバーディーが来なくて気持ちは楽ではなかった」という。  パクが6番から3連続バーディ ....