NEWS

2016.04.23

【最終ラウンド】奥田靖己は8アンダー3位

「西の鳴尾、東の箱根と思うくらいコースは、妙味がありますね」と語っていた奥田靖己。その奥田が1番でいきなりバーディをもぎ取った。この日の1番ホールのピンの位置は「18ホールの中でも、いちばん難しかったのでは」と平野浩作トーナメント・ディレクターが言うように、ボギースタートが多かった。出場60名でダブルボギーが3選手。ボギーが24選手。バーディでスタートした選手は、わずかに4名。ホール平均スコアは、 ....

2016.04.23

【最終ラウンド】秋葉、大逆転で初代チャンピオンに輝く!シニア2勝目

最終ラウンドが23日、神奈川県の箱根カントリー倶楽部行われ、9位スタートの秋葉真一(50)が、前半5連続バーディと好調なパッティングで一気にスコアを伸ばし、この日6アンダー、トータル10アンダーとし逆転優勝。初代チャンピオンとして、大会の1ページ目に名前を刻んだ。9アンダー2位には、加瀬秀樹(56)、さらに1打差3位には、奥田靖己(56)が入った。

2016.04.22

【第1ラウンド】7アンダー首位の白石「上出来のプレーでした!」

どの選手も口をそろえて「グリーンが、凄く素晴らしい」と絶賛する。それほど状態がいいということだけでなく「ラインを読みきれたら、その通りに入ってくれる」と解説するのは、5アンダー、4位タイで上がった東聡だった。さりとて、金時山に向かう芝目と傾斜が交錯する形状に惑わされることは間違いない。「自信を持って打てば、入る。読みが、ちょっとでも迷い始めると混乱しますね。実によくできているグリーンだと思います。 ....

2016.04.22

【第1ラウンド】6アンダーノーボギーで加瀬が2位発進!

1イーグル、4バーディ、ノーボギーの6アンダーで2位タイとなった加瀬秀樹は「ノーボギーは、いつ以来だろうね。(笑)覚えてないよ」と言うように、好調な滑り出しだった。「ドライバー振ってもコースは広めだし、数か所気をつけていればという感じかな。ただ、グリーンは大きく傾斜も強いので、乗せればいいというわけではないからね。グリーンの形状を覚えていないから、とりあえず1ピンくらいにおいて・・・」という作戦が ....

2016.04.22

【第1ラウンド】連続優勝を叶えたい飯合が2位と好位置

飯合肇は、舌好調である。   「ジャンボからも「そんなに調子いいなら今週も行って(勝って)来い!!」って言われましたよ。(笑)。パターもリズムが良いんだろうね。構えたらスッと出てくる。ショットも良くなっているし、2月くらいからすごく感じが良いんです。今日はパターの鬼を見せちゃったね。(笑)」と、笑顔が止まらない。     「パターが律儀に結果に出てくる」という飯合は、この日8バーディ、2ボギーの ....

2016.04.22

【第1ラウンド】台湾ベテラン選手も活躍!ルーが4位タイ

出だし1番ホールで、いきなりボギー。そのあと3、4番でバーディ。6番ボギーのあと7、8、9番と3ホール連続バーディ。11番でバーディ、さらには12番、パー5でイーグルと、一気に6アンダーとした台湾の盧 建順(ルー・チェンスン)。16番のボギーで5アンダーでフィニッシュしたものの上機嫌だった。盧は、日本のレギュラーツアーにも参戦、さらにシニア入りしてからは、米国のチャンピオンズツアーに参戦というキャ ....

2016.04.22

【第1ラウンド】4アンダーの高崎「1番(第1組)で周れたことが良かったね~!」

高崎龍雄は、アンカリング規制で長尺パターからレギュラーパターに変えた選手の1人である。どの選手も同じ苦労がついてまわる。感覚が違うので、それを掴んで自然にストロークできるまで時間がかかる。   「不安いっぱいのプレーです。先週(開幕戦の)金秀シニアでも3パットを5回もしているし……。ただ今週のグリーンは素晴らしいですね! その素晴らしさに負けないようにしないとね。でもやっぱり今回も1ピンを3回くら ....

2016.04.17

FR コメント(真板潔 川上典一)

通算1アンダー 3位タイ 真板潔   「最後のイーグルだけですからね。出だしは3パットだし…。1ラウンド(18ホール)やりたかった。あがりといsてはイーグル(奪取)で最高でしたけど。私は子育て中で、頑張らないといけないんです。だから頑張りますよ」     通算イーブンパー 5位タイ 川上典一   「半分(9ホール競技)で良かったよ。くたびれちゃった。凌ぎまくって、1メートルちょっとのパーパットを ....

2016.04.17

FR 次の目標は2試合連続V「シニアでの存在感」にこだわる新・春オトコ

 悪天候のため、最終日は9ホール(インコース/通算27ホール)に競技を短縮し、コース整備によってスタート時間を遅らせて行われた。    最終組のスタート時間は当初10時予定だったが、12時30分に変更となった。それを知らずにクラブハウスへやって来た飯合肇は、時間をどう使って良いのかとフロントで嘆いた。大きな声は現役時代と変わらない。しかし、この日の飯合は優勝に最も近い位置にいたことで、気合がプラス ....

2016.04.17

FR プレーオフ3ホールの熱戦を制し、飯合肇が7年ぶりのシニア通算5勝めを達成

PGAシニアツアー開幕戦 金秀シニア沖縄オープンゴルフトーナメント2016 〔沖縄県名護市 喜瀬カントリークラブ 6,867ヤード、パー72〕   最終日 :2016年4月17日(日) 参加選手:128名(プロ72名) 賞金総額:2,000万円 優勝賞金:360万円 《天気:曇り  気温:22.9 ℃ 風向:北東 風速:4.9m/s ギャラリー数:966人》   最終日は悪天候のため、36ホール ....