NEWS

2021.11.09

〔TCPゴールドシニア/1R〕谷中宏至が4アンダー単独首位好スタート

 今年新設された大会「第1回PGAティーチングプロゴールドシニア選手権大会」の第1ラウンド。68歳以上のティーチングプロ資格を持つ30名が参加し、初代チャンピオンの座をかけて戦う。ゴールドの部優勝者には2022年「日本プロゴルフゴールドシニア選手権大会」の出場資格が付与される。        第1ラウンドは早朝からコースに強雨が降り続いていたが、コース整備に時間を要し、予定していたトップ組8時スタ ....

2021.11.08

〔TCPゴールドシニア/前日〕68歳以上の初代チャンピオンを目指す戦いが始まる

 「第1回PGAティーチングプロゴールドシニア選手権大会」が、三重県にある阿山カントリー倶楽部(6,189ヤード/パー72)で、11月9日、10日の2日間で行われる。今年から新設された大会で、68歳以上の30名が参加し、初代チャンピオンの座をかけて戦う。    ゴールドの部は賞金総額90万円、優勝賞金15万円と決して大きな大会ではないが、一年に一度だけプロゴルファー同士が集まれる大切な時間。ティー ....

2021.11.08

〔TCPグランドシニア/前日〕63歳、無理なくそれなりに向き合います!前年覇者・人見の挑戦

 「第10回PGAティーチングプログランドシニア選手権大会」が、三重県にある阿山カントリー倶楽部(6,189ヤード/パー72)で、11月9日、10日の2日間行われ、56名が参戦する。出場選手には前年グランド覇者の人見雅人(63)を始め、小林浩二(62)、浜田節夫(61)、近藤年弘(64)といった選手権歴代覇者も出場する。        阿山カンツリー倶楽部は高低差のある丘陵コースで、池をモチーフと ....

2021.11.06

【コスモヘルスカップ/FR】細川和彦が歓喜の初優勝を飾る!

「コスモヘルスカップ シニアトーナメント」の最終ラウンド。6アンダー2位スタートの細川和彦(50)が、通算9アンダーで首位スタート小山内護(51)とのプレーオフに突入。プレーオフ1ホール目は両者パー。2ホール目に細川がパーとし、シニアツアー初優勝を飾った。1打差の3位には宮瀬博文(50)が続いた。賞金ランクは篠崎紀夫(52)が1位をキープしている。      通算6アンダーの2位。首位とは1打差 ....

2021.11.06

【コスモヘルスカップ/FR】小山内は2位にも十分すぎる最高の結果と振り返る

 通算7アンダーの首位で小山内護は最終日を迎えた。2位の細川和彦とは1打差。 「優勝スコアは通算10アンダーだと思っています。7アンダーのスコアはラッキーがあってのもので、実力的に言えば3アンダー。だから4つのスコア貯金があると考え、最終日は自力で7アンダーを出すように頑張るだけだね」。小山内は、前日にそう話していたのだった。      3番パー3ホールでボギーが先行したものの、4番パー5ホール ....

2021.11.06

【コスモヘルスカップ/FR】宮瀬は自身最終戦を3位 初優勝は来シーズンに持ち越し

 首位と4打差の通算3アンダー・7位タイからスタートした宮瀬博文が猛追を演じ、試合を盛り上げた。前半で4バーディーを奪い、後半の14番パー4ホールでこの日6つ目のバーディーパットをねじ込む。続く15番パー5ホールでは3打目をピン手前1メートルにピタリと着けて連続バーディー奪取し、通算10アンダーにスコアを伸ばし、ついに首位に並んだのだった。      残り3ホール。16番パー4ホールのティーショ ....

2021.11.05

【コスモヘルスカップ/1R】今季ベストスコアで小山内が首位発進

「コスモヘルスカップ シニアトーナメント」の第1ラウンド。小山内護(51)が7バーディーノーボギーの7アンダーで単独首位に立った。1打差2位には細川和彦(50)、2打差の3位5アンダーに田村尚之(57)が続く展開となった。   「一緒に練習ラウンドをさせてもらっていますが、ショットメーカーらしい相変わらずのショットを打っていました。パットはラインが読めて、打てているように見えましたね。そつのないプ ....

2021.11.05

【コスモヘルスカップ/1R】3位田村 逆転への望みを繋いだグリーンブック!

 シニア賞金王タイトル奪取の可能性を持つ田村尚之が発奮プレーを展開した。6バーディー・1ボギー67で回り、首位と2打差の3位に着け、最終日の逆転優勝への望みをつないだ。    今季はファンケルクラシックで5年ぶりの2勝目を飾り、賞金ランキング3位でシニアツアー残り2試合を迎えている。1勝を飾ることで逆転でのシニア賞金王タイトルも手にできるのだ。     「連戦で疲れていましたがケアを重ねて体調は ....

2021.11.05

【コスモヘルスカップ/1R】2位細川は最終日優勝の二文字を狙う

 18ホールをプレーし終えてのスコアから課題を見つける。「ゴルフに完璧はない」を持論にしているのが細川和彦だ。    前週の福岡シニアでは最終日に6バーディー・ノーボギー66のベストスコアをマークしながら、1打及ばずの2位に終わった。首位とは4打差からのスタートだったものの「追う立場としては(優勝できず仕舞いも)仕方ない。次の試合に気持ちを切り替えるだけです」と敗者の弁を残していた。       ....

2021.11.04

【コスモヘルスカップ/前日】 自分のゴルフを信じて賞金王へ挑む篠崎!

「<コスモヘルスカップ シニアトーナメント」が、平川カントリークラブ(6,809ヤード/パー72)で、11月5、6日の2日間大会として開催される。大会はには72名が参加。コスモヘルスサポート契約プロの渡辺司(64)、芹澤信雄(61)をはじめ、現在賞金ランク1位の篠崎紀夫(52)、同2位井戸木鴻樹(60)などが出場する。シーズンも最終盤を迎え、賞金王レースにも注目したいところだ。   3試合連続優勝 ....