• ホーム
  • >
  • シニアツアー選手紹介
  • >
  • 尾崎 健夫

2022 SEED PLAYERSPLAYERS INDEX

Tateo Ozaki

シード資格 生涯獲得賞金ランキング上位20名の者
賞金ランク:74位/1,464,192円
所属 フリー
生年月日 1954(S29)年1月9日
身長 180cm 体重 80kg
血液型 B型 趣味 トレーニング
出身地 徳島県 出身校 海南高校
ゴルフ歴 18歳~ 師弟関係 尾崎将司
得意クラブ ドライバー スポーツ歴 野球
ベストスコア 62 着用ウェア Aloha Standard
使用クラブ キャロウェイ、テーラーメイド、オノフ、マスダゴルフ、スコッティキャメロン プロ入会 1975年12月1日

優勝

  • レギュラー16回('73以降ツアー15回)

    白竜湖オープン(79)白竜湖ポカリスエット、フジサンケイクラシック(84)美津濃オープン、日本プロ、サントリーオープン、日米対抗、日本シリーズ(85)ブリヂストントーナメント、大京オープン(86)日本プロ、サントリーオープン(88)三菱ギャラン、ジュンクラシック(89)KSBオープン(93)フジサンケイクラシック(00)

  • シニア6回(ツアー5回)

    PPTリボーネストシニア、アサヒ緑健カップTVQシニア(06)日本プロシニア(07)ファンケルクラシック(08)ファンケルクラシック(09)コマツオープン(14)


持病の腰痛で思うようなゴルフができていないシーズンが続いているが、シニアツアーには欠かせない存在だ。開幕戦「金秀シニア」でいきなり棄権することになったが、その後11試合は予選落ちもあったがプレーできた。「ISPS HANDA 楽しく面白いシニア」では通算3アンダーの22位と、アンダーパーも記録し、機嫌よかった。成績やスコアに関わらず、ファンを楽しませるのが身上。この人がいるといないでは大会の雰囲気も変わる。レギュラーツアーでは日本プロ2勝(1985、88年)など15勝を挙げている。2004年にシニア入りし、09年には賞金王も手にした。14年にはコマツオープンを制して復活。シニア界をけん引してきた功労者で、フルスイングできない状態でも飛距離はシニアでトップクラスを維持しているのはさすがだ。コロナ禍で有観客試合になるのは不透明だが、観客を喜ばせるシーンをみせたい。