NEWS

2020.09.28

PGAシニアツアー「富邦仰徳シニア」中止のお知らせ

(※写真・2019年富邦仰徳シニア覇者 溝口 英二)   今年11月に開催延期となっておりましたPGAシニアツアー競技「富邦仰徳シニア」は、世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が予断を許さない状況を鑑み、大会主催者と検討を重ねた結果、本年度の開催を見送ることとなりましたのでご報告をさせていただきます。    PGAシニアツアー競技 【開催中止】 大会名称: 富邦仰德シニア盃(フーボン・ヨウトク シ ....

2020.09.20

〔日本シニアOP/FR〕唯一アンダーパーで寺西が完全優勝!念願のタイトルを手中に

 日本ゴルフ協会主催「第30回日本シニアオープンゴルフ選手権」の最終ラウンドは、寺西明(54)が初日からの首位を守り、通算6アンダーで嬉しい日本シニアオープン完全優勝。シニアツアー4勝目をマークした。首位5打差の2位に岡茂洋雄(51)、さらに1打差の3位には川岸良兼(53)。シニアツアー初優勝を目指した藤田寛之(51)は13位タイで初出場のシニアオープンを終えた。      寺西が、地元兵庫開催の ....

2020.09.20

〔日本シニアOP/FR〕岡茂が粘りのプレーを貫き単独2位フィニッシュ

 「厳しかった」。最終日2位スタートの岡茂洋雄は、ホールアウト後一言つぶやいた。最終ラウンドは、1バーディー3ボギーの72ストロークだったが、80を打つ内容と紙一重だった。     7番パー5ホールは、なんとか1メートルにつけて唯一のバーディー。ボギーとした3ホールは「苦しい状況が次々と襲ってきた中で、なんとか必死にボギーで終えられた」。最後まで我慢が続いた1日だった。    イップスに悩むドライ ....

2020.09.19

〔日本シニアOP/3R〕寺西がミスも受け止め首位キープ、完全優勝を狙う

 第30回日本シニアオープンゴルフ選手権(JGA主催)の第3ラウンド。寺西明(54)はスコアを2つ落としたが、通算4アンダーで首位をキープ。2打差の2位タイに岡茂洋雄(51)、川岸良兼(53)の2名。続く首位と3打差の1アンダー4位タイには藤田寛之(51)、篠崎紀夫(50)、鈴木亨(54)が続いている。寺西との4打差に8名がいる混戦模様となってきた。      単独首位を守ったが、第3ラウンドはス ....

2020.09.19

〔日本シニアOP/3R〕川岸と岡茂が首位2打差2位で初優勝を狙う

 初日、ドライバーショットはだいぶ良くなってきたと話した川岸良兼。ただ第2ラウンドはティーショットを意識するあまりスコアを落とした。第3ラウンドでは、1イーグル3バーディー2ボギーで通算2アンダーの2位タイに浮上した。    第3ラウンドの出だしはピンチの連続だった。1番からの3ホールはなんとかパーでしのいだが、4番は本人曰く予定通りのボギーになってしまった。「難しいショートホールなので、今日はの ....

2020.09.19

〔日本シニアOP/3R〕マルハン太平洋シニア覇者・篠崎は基本ゴルフを守り4位

 今年8月末に行われたシニア第3戦「第7回マルハンカップ太平洋クラブシニア」で、同級生の塚田好宣をプレーオフで破り、シニア初優勝を飾った篠崎紀夫(50)。優勝という念願のタイトルを獲った以上、下手なプレーは見せたくない。そんなプライドを抱えて鳴尾ゴルフ倶楽部の戦いに臨んだ。    第1ラウンドは74ストローク、45位という不本意な順位でスタートを切った。「調子は悪くないからこそ、頭でゲームを考えて ....

2020.09.18

〔日本シニアOP/2R〕寺西明が首位をキープ!明日も楽しみながら頑張りたい

 第30回日本シニアオープンゴルフ選手権(JGA主催)の第2ラウンド。寺西明(54)が通算6アンダーで首位をキープ。5打差の2位タイに藤田寛之(51)、岡茂洋雄(51)。さらに4位タイには鈴木亨(54)、深堀圭一郎(51)、秋葉真一(55)が並ぶ。決勝ラウンドには150ストローク10オーバーまでの58位タイ69名が進出した。    第1ラウンドでは唯一ボギーがなかった寺西。迎えた大会2日目。アウト ....

2020.09.18

〔日本シニアOP/2R〕初優勝を狙う藤田は首位5打差の2位

 第2ラウンドはイーブンパー10位からのスタートになった藤田寛之(51)は、11番で1メートル半、14番も1メートル半、16番では6メートルの下りのバーディーパットを沈め、前半を3アンダーで終え「あまり無理をせずプレーしたい」と考えていた。    バックナインに入り5番までパーを重ねたが、6番で1メートルのパーパットを外した。それでも自分の中では「高麗グリーンだから、タッチが微妙にずれることはある ....

2020.09.18

〔日本シニアOP/2R〕鈴木と深堀が我慢のプレーで4位タイ浮上

「昨日は鳴尾の難しさだけを考えてしまい、ナーバスになった」。  深堀圭一郎(51)は今日の目標をイーブンと定めて、2日目はインコースからスタートした。初日ボギーとした11番で今日もボギーとしたが、「12番で10メートルの距離のアプローチを入れ、バーディーを奪ったことで、13番、14番の3連続バーディーに繋がったかな」。流れの良いゴルフで前半を折り返した。    後半アウトは、バーディーチャンスでも ....

2020.09.17

〔日本シニアOP/1R〕地元兵庫出身、寺西明が5アンダー首位発進

 シニアツアー第4戦「第30回日本シニアオープンゴルフ選手権競技」の第1ラウンド。寺西明(54)が5バーディーボギーなしの5アンダーで単独首位。2打差の2位には川岸良兼(53)が続き、3位タイ2アンダーには比嘉勉(57)秋葉真一(55)ら4名が並んでいる。126名が参加する本大会だがアンダーパーは9名と公式戦にふさわしい難しいコースセッティングとなっている。          第1ラウンドは午前組 ....

1 / 1131234...最後 »